スキップしてメイン コンテンツに移動

Perl 7 より先に Perl 5.34 が出るぞという話

Perl 5 の次期バージョンとして一部後方互換でない変更 (主に間接オブジェクト記法の削除とベストプラクティスのデフォルトでの有効化) を含んだメジャーバージョンアップである Perl 7 がアナウンスされたのは昨年の 6 月 のことだったが、その前に Perl 5 の次期周期リリースである Perl 5.34 が 5 月にリリース予定である。

現在開発版は Perl 5.33.8 がリリースされておりユーザから見える変更は凍結、4 月下旬の 5.33.9 で全コードが凍結され 5 月下旬に 5.34.0 としてリリース予定とのこと。

そういうわけで事前に新機能の予習をしておく。

8進数数値リテラルの新構文

見た瞬間「マジかよ」と口に出た。これまで Perl はプレフィクス 0 がついた数値リテラルを8進数と見做してきたが、プレフィクスに 0o (zero, small o) も使えるようになる。 もちろんこれは2進数リテラルの 0b や 16進数リテラルの 0x との一貫性のためである。リテラルと同じ解釈で文字列を数値に変換する組み込み関数 oct も` 新構文を解するようになる。

昨今無数の言語に取り入れられているリテラル記法ではあるが、この記法の問題は o (small o) と 0 (zero) の区別が難しいことで、より悪いことに大文字も合法である:0O755

Try / Catch 構文

Perl 5 のリリース以来 30 年ほど待たれた実験的「新機能」である。 Perl 5 における例外処理が特別な構文でなかったのは予約語を増やさない配慮だったはずだが、TryCatch とか Try::Tiny のようなモジュールが氾濫して当初の意図が無意味になったというのもあるかも知れない。

use feature qw/try/;
no warnings qw/experimental::try/;

try {
  failable_operation();
} catch ($e) {
  recover_from_error($e);
}

Raku (former Perl 6) だとCATCH (大文字なことに注意) ブロックが自分の宣言されたスコープ内で投げられた例外を捕らえるので字句的変数を参照できたりして便利なのだが、Perl 5 のそれはもっと月並な C++ / Java スタイルに落ち着いたようだ。

ともあれこれでも eval BLOCK と比べると便利である。何しろただのサブルーチン呼出し式ではなくれっきとした文なので尻にセミコロンがなくて怒られるという凡ミスがない。また try ブロックはサブルーチンの構文糖衣ではない本物のブロックなので return が食われない:

sub f {
  try {
    return 'return from try';
  } catch ($e) {}
  return 'return from sub';
}

say f();  # return from try

文なので subdo の最後にあるときは自身の最後に評価された式の評価結果が値になる:

my $result = do {
  try {
    failable_operation() or die;
    'success';
  } catch ($e) {
    'failure';
  }
};
say $result;  # 'success' or 'failure'

一般量化子の左端が省略可能になった

正規表現の量化子は全部で 4 種ある。即ち * / + / ? / {m,n} である (厳密に言えばそれぞれに最小マッチを優先するバリエーションがあるのでそれを含めると全 8 種。)

最後の {m,n} が最も一般的な形で、つまり m 回以上 n 回以下 (inclusive) の繰り返しにマッチする。右端は省略可能で、その場合無制限にマッチする。i.e., {m,} は m 回以上の繰り返しにマッチする。 これが今回左端も省略可能になり、その場合 0 回以上の出現、つまり出現しない場合にもマッチするようになる。i.e., {,n} は 0 回以上 n 回以下の繰り返しにマッチする。

左右両端を省略する ({,}) のは文法違反であることに注意。0 回以上の繰り返しは * である。

エスケープ・シーケンスやメタ文字のパラメータの前後に空白が挿入可能になった

二重引用符や正規表現内で使用できるエスケープ・シーケンスやメタ文字は数多いが、中には波括弧でパラメータを指定できるものもある。任意のバイトや Unicode コードポイントを書ける \x{} や Unicode 文字プロパティを指定する \p{} などが有名だろう。

これまで \p{} / \P{} を例外として、それらのパラメータの前後には空白を置くことができず、波括弧直後から記述を始める必要があったが、それが緩和された。 つまり文字を詰めることなく \x{ FEFF } のように記述して良くなった。

ちなみに前述の正規表現量化子についても同様で、{ m, n } のように書ける。この場合前後のみでなくカンマの後にも空白が置けることに注意。

コメント

  1. Perl7 はこれまでの CPAN 資産が使えなくなる可能性があり、下手をすると Perl6 の二の舞になる恐れがありました。だから Perl 5.34 のリリースは賛成です。RC1 の perldelta を読むと Windows ユーザーにもうれしいニュースがありますね!

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

開発環境の構築に asdf が便利なので anyenv から移行した

プロジェクト毎に異なるバージョンの言語処理系やツールを管理するために、pyenv や nodenv など *env の利用はほとんど必須となっている。 これらはほとんど一貫したコマンド体系を提供しており、同じ要領で様々な環境構築ができる非常に便利なソフトウェアだが、それを使うことで別の問題が出てくる: *env 自身の管理である。 無数の *env をインストールし、シェルを設定し、場合によりプラグインを導入し、アップデートに追従するのは非常に面倒な作業だ。 幸いなことにこれをワンストップで解決してくれるソリューションとして anyenv がある。これは各種 *env のパッケージマネージャというべきもので、一度 anyenv をインストールすれば複数の *env を簡単にインストールして利用できる。さらに anyenv-update プラグインを導入すればアップデートまでコマンド一発で完了する。素晴らしい。 そういうわけでもう長いこと anyenv を使ってきた。それで十分だった。 ——のだが、 ここにもう一つ、対抗馬となるツールがある。 asdf である。anyenv に対する asdf の優位性は大きく2つある: 一貫性と多様性だ。 一貫性 “Manage multiple runtime versions with a single CLI tool” という触れ込み通り、asdf は様々な言語やツールの管理について一貫したインタフェースを提供している。対して anyenv は *env をインストールするのみで、各 *env はそれぞれ個別のインタフェースを持っている。 基本的なコマンド体系は元祖である rbenv から大きく外れないにしても、例えば jenv のように単体で処理系を導入する機能を持たないものもある。それらの差異はユーザが把握し対応する必要がある。 多様性 asdf はプラグインシステムを持っている。というより asdf 本体はインタフェースを規定するだけで、環境構築の実務はすべてプラグイン任せである。 そのプラグインの数は本稿を書いている時点でおよそ 300 を数える。これは言語処理系ばかりでなく jq などのユーティリティや MySQL のようなミドルウェアも含むが、いずれにしても膨大なツールが asdf を使えば

私家版 TypeScript 抽象データ型表現

TL, DR; 読んだ: TypeScriptの異常系表現のいい感じの落とし所 | Developers.IO 方向性はとても同意できるがデータがオブジェクトである積極的な理由がないのが分かる。今日び new Success(...) もあるまい。 構造的型付が原則なんだから Namespace Import する前提で型定義と関数を公開してしまった方が単純な FP スタイルで書けて勝手が良い。 そういうわけで僕なら こう書く。 使い方 import * as Result from './result' ; function doSomethingFailable () : Result . T < number , Error > { const r = Math . random () ; return r < 0.5 ? Result . success (r) : Result . failure ( new Error( 'Something failed.' )) } function orDefault < V > (result : Result . T < V , unknown >, defaultValue : V) : V { return Result . match (result , { failure() { return defaultValue ; } , success(value) { return value ; } , }) ; } const result = doSomethingFailable() ; console . log (orDefault(result , NaN)) ; // Prints a number < 0.5, or NaN. 自明な flatMap / map がないのでより低水準な変換として match を提供しているが、もちろん型の利用者が合意できるなら Optional に類する定義を採っても良い: function map < V , U

BuckleScript が ReScript に改称し独自言語を導入した

Via: BuckleScript Good and Bad News - Psellos OCaml / ReasonML 文法と標準ライブラリを採用した JavaScript トランスパイラである BuckleScript が ReScript に改称した。 公式サイトによると改称の理由は、 Unifying the tools in one coherent platform and core team allows us to build features that wouldn’t be possible in the original BuckleScript + Reason setup. (単一のプラットフォームとコアチームにツールを統合することで従来の BuckleScript + Reason 体制では不可能であった機能開発が可能になる) とのこと。要は Facebook が主導する外部プロジェクトである ReasonML に依存せずに開発を進めていくためにフォークするという話で、Chromium のレンダリングエンジンが Apple の WebKit から Google 主導の Blink に切り替わったのと似た動機である (プログラミング言語の分野でも Object Pascal が Pascal を逸脱して Delphi Language になったとか PLT Scheme (の第一言語) が RnRS とは別路線に舵を切って Racket になったとか、割とよくある話である。) 公式ブログの Q&A によると OCaml / ReasonML 文法のサポートは継続され、既存の BuckleScript プロジェクトは問題なくビルドできるとのこと。ただし現時点で公式ドキュメントは ReScript 文法のみに言及しているなど、サポート水準のティアを分けて ReScript 文法を優遇することで移行を推進していく方針である。 上流である OCaml の更新は取り込み、AST の互換性も維持される。将来 ReScript から言語機能が削除されることは有り得るが、OCaml / ReasonML からは今日の BuckleScript が提供する機能すべてにアクセスできる。 現時点における ReScript の

多分週刊チラシの裏 (Sep 28 - Oct 04, 2020)

Chrome Web Store が有料 Chrome 拡張の取扱を終了 Chrome Web Store で提供されている有料 Chrome 拡張及びアプリ内課金 API の両方が 2021 年 1 月いっぱいで廃止される。 開発者はそれまでに代替となるサードパーティの課金 API に移行し、購入済ライセンスの移行手段も用意する必要がある。 この決定の発表時点で新規の有料ないしアプリ内課金のある Chrome 拡張の新規登録は終了している。実際のところ 2020 年 3 月時点で既に「一時的に」停止されており、その措置が恒久化されただけとの由。 シェルスクリプティングには長いオプションを使え 「短いオプション (e.g., -x ) はコマンドライン上での略記である。スクリプトにおいては自分や将来の同僚のためにも長いオプション (e.g., ---do-something ) を与える方が理解が容易だろう」という主張。 異論の余地なく正論である。 CobWeb - COBOL to WebAssembly Compiler COBOL から WebAssembly へのコンパイラ。いやマジで。 Cloudflare が何を思ったか同社のサーバレス環境である Workers に COBOL 対応を追加した際 の成果物である。 COBOL から C へのトランスレータである GNU COBOL と C コードをコンパイルして WebAssembly を出力する Emscripten から成っており、他の言語に比べて軽量なバイナリを生成するとのこと。 「ウチではそんな風にはやらないんだ (“We don’t do that here”)」 昨今ソフトウェア開発のコミュニティでも Code of Conduct を用意するところが増えてきたが、コミュニティの文化を明文化するのは難しい。 長大な「べからず集」は息苦しいし、肯定的なガイドラインは時に抽象的で実効的に使えない。問題となるようなふるまいの動機が善意であった場合は特にそうだ。 仮に優れたガイドラインがあっても、それに基いて人を実際に咎めるのは骨が折れることである。初中やればコミュニティ内でも疎まれる。 話の分かる相手ならそれでもまだ説得する意義もあるが、Web 上の対話で当事者双方が納得し合っ