スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

開発環境の構築に asdf が便利なので anyenv から移行した

プロジェクト毎に異なるバージョンの言語処理系やツールを管理するために、pyenv や nodenv など *env の利用はほとんど必須となっている。 これらはほとんど一貫したコマンド体系を提供しており、同じ要領で様々な環境構築ができる非常に便利なソフトウェアだが、それを使うことで別の問題が出てくる: *env 自身の管理である。 無数の *env をインストールし、シェルを設定し、場合によりプラグインを導入し、アップデートに追従するのは非常に面倒な作業だ。 幸いなことにこれをワンストップで解決してくれるソリューションとして anyenv がある。これは各種 *env のパッケージマネージャというべきもので、一度 anyenv をインストールすれば複数の *env を簡単にインストールして利用できる。さらに anyenv-update プラグインを導入すればアップデートまでコマンド一発で完了する。素晴らしい。 そういうわけでもう長いこと anyenv を使ってきた。それで十分だった。 ——のだが、 ここにもう一つ、対抗馬となるツールがある。 asdf である。anyenv に対する asdf の優位性は大きく2つある: 一貫性と多様性だ。 一貫性 “Manage multiple runtime versions with a single CLI tool” という触れ込み通り、asdf は様々な言語やツールの管理について一貫したインタフェースを提供している。対して anyenv は *env をインストールするのみで、各 *env はそれぞれ個別のインタフェースを持っている。 基本的なコマンド体系は元祖である rbenv から大きく外れないにしても、例えば jenv のように単体で処理系を導入する機能を持たないものもある。それらの差異はユーザが把握し対応する必要がある。 多様性 asdf はプラグインシステムを持っている。というより asdf 本体はインタフェースを規定するだけで、環境構築の実務はすべてプラグイン任せである。 そのプラグインの数は本稿を書いている時点でおよそ 300 を数える。これは言語処理系ばかりでなく jq などのユーティリティや MySQL のようなミドルウェアも含むが、いずれにしても膨大なツールが asdf を使えば
最近の投稿

多分週刊チラシの裏 (Oct 19, 2020 - Feb 26, 2021)

週刊とは言ったが毎週刊とは言ってないという言い訳。 C++ のコンパイルを高速化する小技 ビルドシステムやツールを変更せずともコーディングだけで改善できるコンパイル時間短縮テクニック。 #include を減らす インライン化を明示的に避ける 関数オーバーロードの可視性を制限する 公開シンボルを減らす の 4 本。 歯医者で歯を治したら記憶能力を失った話 歯医者で簡単な治療を受けた日から後、記憶が 90 分しか保持できなくなった英国の軍人の話。まるで「博士の愛した数式」だが実話である。 DRPK で売られていた Sim City っぽいゲームのリバースエンジニアリング 平壌市内のアプリストア (物理) で売られていた Sim City 風ゲームがインストールに失敗してライセンス認証で止まってしまったのでなんとか動かせないものかとリバースエンジニアリングしてみた話。 日本にあっては DPRK のデジタル事情というと 3G セルラーが現役とか国内 Web サイトのリストがポスター一枚に収まるとか何故かコンピュータ将棋の古豪とかの断片的な情報が伝え聞かれる程度だが、近頃は Android タブレットでゲームなどもできるらしい。 国内のインフラ及びエコシステム事情に合わせて元々フリーミアム + アプリ内課金モデルだったものが買い切り 5,000 KPW (< 1 USD) になっているなど、我々が失った自由が我々よりも不自由な (はずだと我々が信じている) 国に残存しているのは皮肉だろうか。 typosquatting は単なる typo じゃ済まない typo を狙って人気のあるドメインやソフトウェアに類似した名前をつける手法 (typosquatting) は人を辟易させるのみならずセキュリティの脅威である。 IQT が 2017 年から 2020 年にかけて Python ライブラリの中央リポジトリである PyPI において行った調査で、メジャーなライブラリに名前を似せたマルウェアが 40 個確認されたとのこと。 その内 16 個が単純なスペルミス狙い (e.g., “urlib3” vs. “urllib3”) で、26 個は正当なパッケージと混同するような名前 (e.g., “nmap-python” vs. “pytho

C の時間操作関数は tm 構造体の BSD 拡張を無視するという話

久しぶりに C++ (as better C) で真面目なプログラムを書いていて引っかかったので備忘録。 「拡張なんだから標準関数の挙動に影響するわけねえだろ」という常識人は読む必要はない。 要旨 time_t の表現は環境依存 サポートしている時刻は UTC とプロセスグローバルなシステム時刻 (local time) のみで、任意のタイムゾーン間の時刻変換を行う標準的な方法はない BSD / GNU libc は tm 構造体にタイムゾーン情報を含むが、tm -> time_t の変換 ( timegm / mktime ) においてその情報は無視される 事前知識 C 標準ライブラリにおいて時刻の操作に関係するものは time.h (C++ では ctime) ヘッダに定義されている。ここで時刻を表現するデータ型は2つある: time_t と tm である。time_t が第一義的な型であり、それを人間が扱い易いように分解した副次的な構造体が tm という関係になっている。なので標準ライブラリには現在時刻を time_t として取得する関数 ( time_t time(time_t *) ) が先ずあり、そこから time_t と tm を相互に変換する関数が定義されている。 ここで time_t の定義は処理系依存である。C / C++ 標準はそれが算術型であることを求めているのみで (C11 からは実数型に厳格化された)、その実体は任意である。POSIX においては UNIX epoch (1970-01-01T00:00:00Z) からのうるう秒を除いた経過秒数であることが保証されており Linux や BSD の子孫も同様だが、この事実に依存するのは移植性のある方法ではない。 一方で tm は構造体であり、最低限必要なデータメンバが規定されている: int tm_year : 1900 年からの年数 int tm_mon : 月 (0-based; 即ち [0, 11]) int tm_mday : 月初からの日数 (1-based) int tm_hour : 時 (Military clock; 即ち [0, 23]) int tm_min : 分 int tm_sec : 秒 (うるう秒を含み得るので [0

多分週刊チラシの裏 (Oct 12 - 18, 2020)

プログラミング言語のエネルギィ効率性 おなじみ Computer Language Benchmark Game にある言語のうちプロプライエタリな Smalltalk を除く 27 言語の、時間効率性と空間効率性に加えて「エネルギィ効率性」を検証したという研究。 結果は大方の予想を外れない (コンパイラ言語 - VM 言語 - インタプリタ言語の序列) のだが、言語毎によって単位時間あたりのエネルギィ効率 (換言すると CPU 最適化性能) が異なるので「速ければより省エネ」とは必ずしも言えないことや、最大メモリ消費量は言語のパラダイムによって大方が決まり、エネルギィ効率とはほとんど相関がない (ので Java でもエネルギィ効率は高い) ことなど面白い事実が見られる。 『アメリカのインターネット』の終焉 1994 年に Netscape が設立されたとき、世界にはおよそ一億台の PC があり、その半数は合衆国にあった。 WWW はスイスで開発されたしコンピュータは英国の発明だが、インターネットは米国製だった。 米国の企業がその課題を与え、重要な製品とサービスを作り、規制や言論は米国の立場、文化、法が支配した。 (引用者訳) 合衆国政府による TikTok 分割騒動に寄せての現在と未来のインターネットの話。 今日のインターネットの利用者のうち 80 - 90% は米国外の住人である。中国のスマートフォン台数は米国と欧州を合わせたよりも多く、ソフトウェア・スタートアップの半数はシリコンバレーの外で起きている。 テクノロジーは規制産業になったが、その規則はもはや合衆国の一存では決まらないのである。 まつもとゆきひろのツイッターを見てRuby使うのをやめようと思った Ruby の原開発者にして「寛大なる就寝独裁官 (BFDL)」の Twitter における言動が差別主義とは言えないまでもマイクロアグレッションに満ちていたので製品としての Ruby にも悪印象がついたという話。 不要に攻撃的な人やコミュニティから距離を置く理性は心身の健康のためにも重要である。 FTP のフェードアウト Chrome をはじめとする Web ブラウザにおいてファイル転送プロトコル (FTP) のサポート終了が迫っていることに寄せて、半世紀に渡ってインターネットの

多分週刊チラシの裏 (Oct 04 - 11, 2020)

Hacktoberfest が低品質 Pull Request 祭に DigitalOcean が例年開催している Hacktoberfest は GitHub 上にある公開レポジトリへの PR 4 個毎に特典 T シャツを 1 枚進呈するという OSS 活動参加促進キャンペーンだが、今年は事情が違ったらしい。 大量のスパマーがこれまた大量の低品質 PR を其処此処のプロジェクトに送りつけたために大混乱が生じたとのこと。 問題は GitHub 上の全公開リポジトリが対象である点で、あらゆるプロジェクトがスパムの標的になる可能性がありながら各リポジトリメンテナの取れる手段がオプトイン / オプトアウトの別を問わず存在しなかったことである。 GitHub は当座の対策として非コントリビュータからの PR 作成を一時的に制限する機能を実装した。 DigitalOcean は混乱について謝罪し、同キャンペーンへの参加をリポジトリメンテナがオプトイン方式で選択できるように改めた上、メンテナが “hacktoberfest-accepted” とラベル付けした PR のみをキャンペーンの有効な業績と見做すように変更を行った。 1 これらの対策により現在は混乱も鎮静化しているが、これまで広く円滑に行われてきた行事が外乱によって厳密な方向へ向かうのは牧歌的な時代の終わりを感じさせる。 日本でトロツキスト狩りが進行中 政府から独立した諮問機関である日本学術会議が推薦した会員 105 名の内 6 名の任命を菅義偉首相が拒否したという事件。 日本学術会議の根拠法である 日本学術会議法 7 条 2 号は会員の任命について「会員は、第十七条の規定による推薦に基づいて、内閣総理大臣が任命する。」としている。「—任命できる。」ではない。 菅は拒否権の根拠のみならずその動機についても説明を拒否しているが、 内閣府から具申があった とのことなのでつまり本人に動機はないか、あるいは同意して盲判を押したようである。 拒否された学者はいずれも学術会議一部 (人文系) に属するはずだった以外はコネクションが見られず、過去に安倍政権の政策に反対意見を唱えたことがあるのが目をつけられたのではと推測されている。 日本学術会議側からは 事務局長談話 として抗議が出ている他、米論文誌である Na

多分週刊チラシの裏 (Sep 28 - Oct 04, 2020)

Chrome Web Store が有料 Chrome 拡張の取扱を終了 Chrome Web Store で提供されている有料 Chrome 拡張及びアプリ内課金 API の両方が 2021 年 1 月いっぱいで廃止される。 開発者はそれまでに代替となるサードパーティの課金 API に移行し、購入済ライセンスの移行手段も用意する必要がある。 この決定の発表時点で新規の有料ないしアプリ内課金のある Chrome 拡張の新規登録は終了している。実際のところ 2020 年 3 月時点で既に「一時的に」停止されており、その措置が恒久化されただけとの由。 シェルスクリプティングには長いオプションを使え 「短いオプション (e.g., -x ) はコマンドライン上での略記である。スクリプトにおいては自分や将来の同僚のためにも長いオプション (e.g., ---do-something ) を与える方が理解が容易だろう」という主張。 異論の余地なく正論である。 CobWeb - COBOL to WebAssembly Compiler COBOL から WebAssembly へのコンパイラ。いやマジで。 Cloudflare が何を思ったか同社のサーバレス環境である Workers に COBOL 対応を追加した際 の成果物である。 COBOL から C へのトランスレータである GNU COBOL と C コードをコンパイルして WebAssembly を出力する Emscripten から成っており、他の言語に比べて軽量なバイナリを生成するとのこと。 「ウチではそんな風にはやらないんだ (“We don’t do that here”)」 昨今ソフトウェア開発のコミュニティでも Code of Conduct を用意するところが増えてきたが、コミュニティの文化を明文化するのは難しい。 長大な「べからず集」は息苦しいし、肯定的なガイドラインは時に抽象的で実効的に使えない。問題となるようなふるまいの動機が善意であった場合は特にそうだ。 仮に優れたガイドラインがあっても、それに基いて人を実際に咎めるのは骨が折れることである。初中やればコミュニティ内でも疎まれる。 話の分かる相手ならそれでもまだ説得する意義もあるが、Web 上の対話で当事者双方が納得し合っ

多分週刊チラシの裏 (Sep 21-27, 2020)

Killed by Mozilla Mozilla がディスコンにした製品およびサービスのリスト。 COVID-19 パンデミックで収入が激減し 全社の四分の一にあたる従業員の解雇と収益を得られる製品への集中 に踏み切った Mozilla Corp. の最初の犠牲はノートアプリ Firefox Notes とファイル送信サービス Firefox Send となった。過去には第三のモバイル OS を目指した Firefox OS とか Mac ネイティブな Gecko ベースブラウザ Camino など懐かしい名前も見られる。 ちなみに元ネタは Google が終了したサービスをリストしている Killed by Google で、こちらは 2020 年 9 月 26 日現在 205 個の製品とサービスが挙がっている。 Firefox 81.0 リリースノート Mozilla Firefox 81.0 が Release チャンネルに公開された。最大の新機能はメディア再生のキーボードないしヘッドセットからの制御である。要はバックグランドで再生している YouTube タブを AirPods から一時停止できるようになった。 Developer Tools における色覚異常シミュレーションの改善やブラウザ標準 audio/video 要素のアクセシビリティ改善なども含まれている。 Facebook が自社プラットフォーム上での複数国による組織的政治工作を認識しながら放置していた Facebook が大量の偽アカウントを動員した政治工作を認識していながら、特に小国のそれに対して対策を放棄していたという内部告発。 元 Facebook のデータ科学者である Sophie Zhang 氏の告発によれば、ホンジュラスで大統領派の工作が行われていることを氏が報告してから実際に対策が為されるまでに 9 ヶ月、アゼルバイジャンでの与党の工作を同様に報告してから組織的な調査が始まるまでに実に 1 年を要したという。 本来この手の濫用に対応するはずの専任チームは濫用の圧倒的な割合を占めるスパム対応にかかりきりで、政治工作については対象が合衆国か西欧である場合を除いて積極的に行動せず、小国の民主主義は Zhang 氏の空き時間を利用した片手間の対応にかかっていたとのこ

多分週刊チラシの裏 (Sep 14-20, 2020)

自分にとってのニュースは自らまとめるしかないと思い至ったので興味深かったものをまとめる。 Moment.js 開発終了 JavaScript における日時処理の定番であった Moment.js の開発がメンテナンスモードへの移行を宣言した。 歴史のあるライブラリであり、オブジェクトが可変で flux アーキテクチャと相性が悪いとか、自前の国際化リソースが全部バンドルされているので昨今の Dead Code Elimination (a.k.a. Tree-Shaking) を伴うバンドラでもサイズが縮まらないといった問題が指摘されていた。 互換性を保ったまま問題を解決できる見込みがなく、非互換な新バージョンをリリースして移行の混乱を生むよりは設計段階で問題を解決している別ライブラリに移行せよとのこと。 参考に個人的な見解を述べると、代替候補として挙げられている dayjs はお勧めしない。タイムゾーンのサポートなど多くの場合に必要な機能がプラグインで実現されており、それらプラグインは dayjs オブジェクトにメソッドを実行時に追加したり差し替えたりするので TypeScript や flow の型定義と一致しなくなるためである。結局利用するプラグインを適用したバージョンの型定義ファイルを自分で作る羽目になるのだ。 dayjs に限らず TypeScript や flow はプラグイン機構を持った JavaScript ライブラリと相性が悪いので、オールインワンなモジュールを採用する方が良い。代替候補の中では最初に挙がっている Luxon が無難である。 20年来の銀英伝ファンからみた今回の揉め事 「銀河英雄伝説」という古いスペースオペラ小説を原作とするアニメについて以下のツイートが炎上した件: 銀河英雄伝説のリメイク。3期以降も続くのかな。もしそうなら、男女役割分業の描き方は変更せざるをえない気がする。旧アニメのままだと、さすがに時代にそぐわない。作品として大変に面白いのは踏まえたうえで。…なんてことを書いたら炎上するかな。 — Shotaro TSUDA ( @brighthelmer ) September 11, 2020 どう読んでもただの感想だが、話題がジェンダーかつ発言者の津田正太郎教授の所属が「社会学部」ということで表現の

私家版 TypeScript 抽象データ型表現

TL, DR; 読んだ: TypeScriptの異常系表現のいい感じの落とし所 | Developers.IO 方向性はとても同意できるがデータがオブジェクトである積極的な理由がないのが分かる。今日び new Success(...) もあるまい。 構造的型付が原則なんだから Namespace Import する前提で型定義と関数を公開してしまった方が単純な FP スタイルで書けて勝手が良い。 そういうわけで僕なら こう書く。 使い方 import * as Result from './result' ; function doSomethingFailable () : Result . T < number , Error > { const r = Math . random () ; return r < 0.5 ? Result . success (r) : Result . failure ( new Error( 'Something failed.' )) } function orDefault < V > (result : Result . T < V , unknown >, defaultValue : V) : V { return Result . match (result , { failure() { return defaultValue ; } , success(value) { return value ; } , }) ; } const result = doSomethingFailable() ; console . log (orDefault(result , NaN)) ; // Prints a number < 0.5, or NaN. 自明な flatMap / map がないのでより低水準な変換として match を提供しているが、もちろん型の利用者が合意できるなら Optional に類する定義を採っても良い: function map < V , U

購読ニュースフィードの整理

ほとんど Web のメディアにしか触れない情報弱者なのでニュースフィードの選択は大事である。 社会不安が増大している時分にタブロイド的な話題で怒りを転がすのは生産的でないので整理した。 削除したもの Engadget Japanese 技術系ニュースサイトの筆頭格である Engadet の日本語版、のはずのもの。 原語版の翻訳は少なく抄訳であることも多いが問題はむしろ転載元にないライターの編集で、意図的に地名が除かれた COVID-19 という名称を無視して 「中国武漢を震源地とする新型コロナウィルス」と書き連ねる (ものによっては COVID-19 と無関係な記事にも捩じ込む) 1 / 2 / 3 / 4 / 5 だとか、The Verge が 「YouTube が中国共産党への 中傷 を含むコメントを削除」 と報じた見出しを 「 批判 のコメントを自動削除」 に書き換えるだとか印象操作が露骨になってきたので読むのを止めた。 ガジェットのレビューを別にすればほぼ転載であり、どうしても日本語で読みたいなら同じ Verison Media でも TechCrunch Japan のライター陣の方が理性的である。 はてなブックマーク 自身をソーシャルブックマークサービスと思い込んでいる炎上ニュース一言掲示板。 インセルとゲーマーゲーターの炎上会場に成り下がった感がある。技術系の話題はまず上位に来ず、稀に上がってきたときには二日遅れである。要するにスラドの轍を踏んでいる。 追加したもの The Register 日本語の技術ニュースサイトの転載ソースその1。 Meltdown / Spectre 脆弱性のリーク報道 で知った人も多いと思う。 英国拠点だからか知らないが見出しが駄洒落だったりふざけていることが多い。 The Verge 日本語の技術ニュースサイトの転載ソースその2。 Vox Media の技術系ニュースサイト。BLM 運動や多様性など業界の社会的な関心事についても記事がある。 Hacker News ド定番だが最近まで購読していなかった。Slashdot に規律とユーザの節度を加えるとこうなる、といった体。