スキップしてメイン コンテンツに移動

仕事で使わない Perl コーディングテクニック

Everyone knows that debugging is twice as hard as writing a program in the first place. So if you're as clever as you can be when you write it, how will you ever debug it? -- Brian Kernighan

(まずもって、デバッグがプログラミングの倍も難しいことは衆知である。だからもしあなたが能う限りの知力でコードを書いたとしたら、どうやってデバッグするのか?)

言語のマイナ機能とか関数のデフォルトの挙動なんかを駆使してプログラムを書くと未来の自分や同僚が困るので、普段はいくらか制限して書くと思う。 僕は Perl 5 だとライブラリはともかくアプリケーションのコードは「続・初めてのPerl (Intermediate Perl)」程度の知識を前提して書いていた。

要するに意図的に低俗なコードを書いているわけで面白くない。 だいたい頭の内にあるボンヤリとした「Perl 的な書き方」が実際に動くのがこの言語の良いところで、昔2ちゃんねるで見かけた「キモいが矛盾していない、それが Perl」というコメントはけだし慧眼だったと思う。

そんなわけでマイナであったり環境の都合で自制していた言語機能をいくつか紹介したい。

メソッドの事前解決

Perl 5 のメソッド呼出しは遅い。まずもってメソッドの解決が遅い。繰り返し同じメソッドを呼ぶときはメソッドを一度だけ解決してそれを直接呼び出したい。要するに Objective-C で selector を取得してそれを実行するようなことをやりたい。

名前のせいで述語と勘違いしがちだが UNIVERSAL::can はまさにこのメソッド解決を行う。例えば my $do_foo = $obj->can('do_foo'); とすれば $obj が属するパッケージないしその親クラスに存在する do_foo メソッドへのリファレンスが得られる。存在しない場合は undef である。

そうとなれば後は簡単で、メソッドは第一引数にインスタンスないしクラス名を受けるただのサブルーチンなので、$do_foo->($obj, ...) と呼び出せば動くことは動く。 しかしこれは不恰好である。抽象が破れているではないか。何故メソッド呼び出しだったものを関数呼び出しに書き換えなければならないのか。

実はメソッド呼び出しの矢印演算子の右辺には CodeRef が置ける。この場合メソッド解決は省略され、単に左辺を第一引数として右辺の CodeRef が呼ばれる。つまり解決済みの $do_foo メソッドを呼び出すには $obj->$do_foo(...) とすれば良い。

この事実は perlop と perlobj に載っているが、そもそもメソッド名は裸のワードであるから都合の良いときはほぼいつでもシンボリック・リファレンスで与えられることを我々は知っている。そうなればハード・リファレンスに拡張されることも自然に類推できる。

Perl 5.24 にて実験を行った。簡単なカウンタを作り、百万回 incr メソッドを呼んで数値をインクリメントする。"regular" は毎回メソッド解決を行い、"resolved" は can で解決済みのメソッドを使う:

#!/usr/bin/env perl

use strict;
use warnings;
use Benchmark qw/cmpthese/;

package Counter {
  sub new {
    my ($class, $initial) = @_;
    bless \$initial => $class;
  }

  sub count {
    my ($self) = @_;
    $$self;
  }

  sub incr {
    my ($self) = @_;
    ++$$self;
  }
}

cmpthese(
  -5,
  +{
    regular => sub {
      my $counter = Counter->new(0);
      $counter->incr for 1 .. 1_000_000;
    },
    resolved => sub {
      my $counter = Counter->new(0);
      my $incr = $counter->can('incr');
      $counter->$incr for 1 .. 1_000_000;
    },
  },
);

結果は以下の通りで、解決済みのメソッドを使う方が20ポイントほど高速であった:

bash-3.2$ perl ~/toybox/sel.pl
           Rate  regular resolved
regular  3.73/s       --     -18%
resolved 4.56/s      22%       --

ブロックの last / redo

ブロックは新しい字句的スコープを導入する。これはガードオブジェクトと組み合わせて確実にリソースを開放したいときなどに便利だが、それだけに留まらない。

ブロックは「一回こっきり実行されるループ」と見なして良い。つまりループ制御コマンドの last/redo はループでないただのブロックでも使用できる (next も使えるが last と同じになるので意味はない)。

これは途中で失敗したときにやり直す処理を書くのに便利である:

my @resources = (...);
my @locks;
my $retries = 0;
my $lock_succeed = 0;
TRY_LOCKS:
{
    last if $retries >= 3;
    for my $resource (@resources) {
        my $lock = try_lock($resource);
        unless ($lock) {
            ++$retry;
            @locks = ();
            redo TRY_LOCKS;
        }
        push $locks, $lock;
    }
    $lock_succeed = 1;
}

if ($lock_succeed) { ... }

Key-Value ハッシュスライス

これは Perl 5.8 フリーな環境では仕事で使っている人もいるかも知れない。

perldelta をちゃんと毎回読んでいる人には衆知だが Perl 5.20 からの新機能。Perl 5.10 の // defined-or 演算子や Perl 5.14 の /r 非破壊的置換修飾子以来のキラー機能だと思う。 要するにハッシュの一部だけを抜き出して偶数サイズのリストにする機能で、構文は大方の想像通り:

my %source = (foo => 1, bar => 2, baz => 3);
# equivalent: map { $_ => $source{$_} } qw/foo bar/;
my %projected = %source{qw/foo bar/};  # (foo => 1, bar => 2)

ちなみに existsdelete 演算子などと同様に配列にも一般化されている:

my @source = 'a' .. 'z';
# equivalent: map { $_ => $source[$_] } [3, 4, 5]
my %projected = %source[3, 4, 5];  # (3 => 'd', 4 => 'e', 5 => 'f')

少々異和感を覚えるが、代入の両辺で sigil が揃う点で一貫しているし慣れの問題だろう。

左辺値の返却

関数やメソッドは左辺値を返せる。左辺値であるからにはつまり代入できる。

C++ でも lvalue 参照を使うと同じことができて、std::mapoperator[] なんかが典型である。

組み込み関数で左辺値を返す典型は substr / vec / splice である。 perldoc -f substr を見るとプロトタイプは次のようになっている:

substr EXPR,OFFSET,LENGTH,REPLACEMENT
substr EXPR,OFFSET,LENGTH
substr EXPR,OFFSET

この内4引数版に代入するのはナンセンスなのでエラーになるが、2引数版と3引数版は第一引数 (EXPR) が左辺値であれば代入ができる:

my $str = 'bar';
substr($str, 2, 1) = 'z';  # $str eq 'baz'

つまり右辺の値は4引数版の第四引数に相当する。substr は第一引数への一種のビューを提供しているとも見なせるが、実際にはそれ以上のことを行う。代入される文字列の長さが substr で得られた文字列と異なる場合は元の文字列が伸縮する。例えば空文字列を代入することで部分文字列を削除できる。

ちなみ代入式全体の値は元の (置換された) 文字列である。上記の例であれば 'r' が返る。

同様にvec はビット列に対してビット列を代入することができるし、splice は配列に対してリストを代入できる。

また少し意外なものとしては keys も左辺値を返す。これは C++ の STL コンテナにある reserve メンバ関数に似ていて、事前にハッシュの記憶スロットを確保しておくのに使える:

my %code_map;
keys(%code_map) = 26;
$code_map{+chr} = $_ for 65 .. 90;

蛇足として keys 自体は Perl 5.12 から配列に対しても使えるが、この場合左辺値としては使えない。 配列の事前確保は特殊変数 $#array への代入で行えるが、こちらは伸びた領域が実際に undef で埋まってしまうので元の要素数に戻す一手間が要る:

my @char_map;
$#char_map = 26 - 1;  # Initialized with (undef) x 26
@char_map = ();  # もう一回空にするが、確保されたスロットはそのまま
push @char_map, chr for 65 .. 90;

さてユーザ定義する場合だが、lvalue 属性がついたサブルーチンの最後に評価される式が左辺値であれば良い。メソッドの例を示す:

package Foo;

sub new {
    my ($class) = @_;
    bless +{ foo => '' } => $class;
}

sub foo :lvalue {
    my ($self) = @_;
    $self->{foo};
}

package main;

use 5.024;

my $obj = Foo->new;
$obj->foo = 'bar';
say $obj->foo;  # 'bar'

属性 (attributes) を忘れている人も多いと思うが、要するに Java でいうアノテーションである。Catalyst なんかで見たことがあるだろう。

うっかり値を return してしまうと左辺値にならないことに注意が必要である。(return $x) = 42; はナンセンスだ。

ところでアクセサがオブジェクトの状態を左辺値として返すのはカプセル化の観点からはあまりよろしくない。代入される値を検査できないのでオブジェクトの状態が保障できないからである。 これを避けるには代入操作にフックして検査をすれば良い。C++ なら返す型の代入演算子 (operator=) をオーバーライドするが、Perl ではスカラの代入演算をオーバーライドする。つまり tie するのである:

package Bar;

use strict;
use warnings;

sub new {
    my ($class) = @_;
    bless +{ bar => 0 } => $class;
}

sub bar :lvalue {
    my ($self) = @_;
    tie my $v, 'Bar::NumberField' => $self->{bar};
    $v;
}

package Bar::NumberField;

use strict;
use warnings;
use Carp ();
use Scalar::Util qw/looks_like_number/;

# $_[1] は tie に渡された引数 (e.g., $self->{bar}) のエイリアスなので、
# リファレンスを保存しておくことで後で書き換えられるようにする。
sub TIESCALAR { bless \$_[1] => $_[0] }

sub FETCH { ${$_[0]} }

sub STORE {
    my ($self, $value) = @_;
    unless (looks_like_number $value) {
        Carp::croak("Seems like not a number: $value");
    }
    $$self = $value;
}

package main;

use strict;
use warnings;
use feature qw/say/;

my $bar = Bar->new;
$bar->bar = 42;
say $bar->bar;  # 42
$bar->bar = 'blah blah blah';  # Error.

この例だとやりたいことに比べて労力が馬鹿げているが、ともかく tie された変数を返すことで substr のような組み込み関数と同じ挙動をユーザ定義できるということに意義がある。 実際的には Sentinel のようなライブラリを使うことでシンプルに書ける。なんなら Moose も併用して値の検査を型制約に任せても良い。

コメント

このブログの人気の投稿

部分継続チュートリアル

この文書についてこれはCommunity Scheme Wikiで公開されているcomposable-continuations-tutorial(2010年09月30日版)の日本語訳です。誤字脱字・誤訳などがありましたらコメントあるいはメールで御指摘いただけると幸いです。本訳は原文のライセンスに基づきCreative Commons Attribution-ShareAlike 2.0 Genericの下で公開されます。Original text: Copyright© 2006-2010 Community Scheme WikiJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH Koichi本文部分継続(Composable continuation)は継続区間を具象化することで制御を逆転させるものです。 ウンザリするほど複雑な概念を表す長ったらしいジャーゴンのように聞こえますが、実際はそうではありません。今からそれを説明します。resetとshiftという2つのスペシャルフォームを導入するところから始めましょう[1]。 (reset expression)は特別な継続を作るなりスタックに目印を付けるなりしてからexpressionを評価します。簡単に言えば、expressionが評価されるとき、あとから参照できる評価中の情報が存在するということです。 実際にはshiftがこの情報を参照します。(shift variable expression)は目印のついた場所、つまりresetを使った場所にジャンプし、その場所からshiftを呼び出した場所までのプログラムの断片を保存します; これはプログラムの区間を「部分継続」として知られる組み合わせ可能な手続きに具象化し、この手続きにvariableを束縛してからexpressionを評価します。組み合わせ可能(Composable)という語はその手続きが呼び出し元に戻ってくるため、他の手続きと組み合わせられることから来ています。 Composable continuationの別名として例えば限定継続(Delimited continuation)や部分継続(Partial continuation)もありますが、ここでは一貫して「組み合わせ可能」という用語を使います(訳注: …

多分週刊チラシの裏 (Sep 21-27, 2020)

Killed by MozillaMozilla がディスコンにした製品およびサービスのリスト。COVID-19 パンデミックで収入が激減し全社の四分の一にあたる従業員の解雇と収益を得られる製品への集中に踏み切った Mozilla Corp. の最初の犠牲はノートアプリ Firefox Notes とファイル送信サービス Firefox Send となった。過去には第三のモバイル OS を目指した Firefox OS とか Mac ネイティブな Gecko ベースブラウザ Camino など懐かしい名前も見られる。ちなみに元ネタは Google が終了したサービスをリストしている Killed by Google で、こちらは 2020 年 9 月 26 日現在 205 個の製品とサービスが挙がっている。Firefox 81.0 リリースノートMozilla Firefox 81.0 が Release チャンネルに公開された。最大の新機能はメディア再生のキーボードないしヘッドセットからの制御である。要はバックグランドで再生している YouTube タブを AirPods から一時停止できるようになった。Developer Tools における色覚異常シミュレーションの改善やブラウザ標準 audio/video 要素のアクセシビリティ改善なども含まれている。Facebook が自社プラットフォーム上での複数国による組織的政治工作を認識しながら放置していたFacebook が大量の偽アカウントを動員した政治工作を認識していながら、特に小国のそれに対して対策を放棄していたという内部告発。元 Facebook のデータ科学者である Sophie Zhang 氏の告発によれば、ホンジュラスで大統領派の工作が行われていることを氏が報告してから実際に対策が為されるまでに 9 ヶ月、アゼルバイジャンでの与党の工作を同様に報告してから組織的な調査が始まるまでに実に 1 年を要したという。本来この手の濫用に対応するはずの専任チームは濫用の圧倒的な割合を占めるスパム対応にかかりきりで、政治工作については対象が合衆国か西欧である場合を除いて積極的に行動せず、小国の民主主義は Zhang 氏の空き時間を利用した片手間の対応にかかっていたとのこと。Rust じゃダメな理由近年人気が出てい…

多分週刊チラシの裏 (Sep 14-20, 2020)

自分にとってのニュースは自らまとめるしかないと思い至ったので興味深かったものをまとめる。Moment.js 開発終了JavaScript における日時処理の定番であった Moment.js の開発がメンテナンスモードへの移行を宣言した。歴史のあるライブラリであり、オブジェクトが可変で flux アーキテクチャと相性が悪いとか、自前の国際化リソースが全部バンドルされているので昨今の Dead Code Elimination (a.k.a. Tree-Shaking) を伴うバンドラでもサイズが縮まらないといった問題が指摘されていた。 互換性を保ったまま問題を解決できる見込みがなく、非互換な新バージョンをリリースして移行の混乱を生むよりは設計段階で問題を解決している別ライブラリに移行せよとのこと。参考に個人的な見解を述べると、代替候補として挙げられている dayjs はお勧めしない。タイムゾーンのサポートなど多くの場合に必要な機能がプラグインで実現されており、それらプラグインは dayjs オブジェクトにメソッドを実行時に追加したり差し替えたりするので TypeScript や flow の型定義と一致しなくなるためである。結局利用するプラグインを適用したバージョンの型定義ファイルを自分で作る羽目になるのだ。dayjs に限らず TypeScript や flow はプラグイン機構を持った JavaScript ライブラリと相性が悪いので、オールインワンなモジュールを採用する方が良い。代替候補の中では最初に挙がっている Luxon が無難である。20年来の銀英伝ファンからみた今回の揉め事「銀河英雄伝説」という古いスペースオペラ小説を原作とするアニメについて以下のツイートが炎上した件: 銀河英雄伝説のリメイク。3期以降も続くのかな。もしそうなら、男女役割分業の描き方は変更せざるをえない気がする。旧アニメのままだと、さすがに時代にそぐわない。作品として大変に面白いのは踏まえたうえで。…なんてことを書いたら炎上するかな。 — Shotaro TSUDA (@brighthelmer) September 11, 2020どう読んでもただの感想だが、話題がジェンダーかつ発言者の津田正太郎教授の所属が「社会学部」ということで表現の自由戦士の標的にされたもの。「社会学者1が『…