スキップしてメイン コンテンツに移動

Perl 6 Language Documentation を読む - Sets, Bags and Mixes

この記事について

先日の稿で Perl 6 の解説を書こうと思っているなどと書いて言質を振り出してしまったので果たさねばならない。 Perl 6 の言語自体を解説するアップデートされた日本語資料は大変乏しいので、とりあえず Perl 6 Documentation を読んで紹介するだけでもいくらか価値があるだろうと思う。

率直に言って僕の英語の読解力は甚だ貧しいので、近頃話題になった「腐った翻訳」になるのを避けるためにドキュメントを読んでから試行した結果に基いて解説を書くことにする。 翻訳ではないので文章自体は元の文書とは対応しないが、とにかく Rakudo Perl 6 上での挙動としては正しい解説になるはずである。

読む順番は決めていないが、簡単そうな文書の中で面白そうなものから進めていきたい。

本文の前書き

近頃の言語は集合型が必要なことになっている。厳密にいえば数学的な集合というより、順序付けられておらず要素が重複しないコンテナがプログラムの構成部品として便利だということである。

Ruby も Python も Swift も、C++ の STL にだって (それが本当に集合と呼べるかは別にして) [Ss]et がある。

Sets, Bags, and Mixes は Perl 5 には標準で備わっていなかった集合の操作をサポートする Perl 6 のクラスとロール群について解説している。

Set は単純な集合、Bag は重複可能な集合 (つまり multi set) で、Mix は要素に重みを持たせた集合を表す。 これらは一種の連想配列で、つまり要素に対して Set はそれが自身の要素かという真偽値、Bag はその要素をいくつ持っているかという整数値、そして Mixはその要素に割り当てられた重みを実数値で対応させる。真偽値を 0/1 と対応させれば Set の一般化が Bag だし、さらにその一般化が Mix とみなせる。

BagMix を使えば重みに応じて確率的に要素をサンプリングするような処理も可能なため、各種のアルゴリズムやビジネスロジックの記述にも便利だろう。

SetBag そして Mix はすべて不変クラスである。対応する可変クラスとして SetHashBagHash そして MixHash というクラスが存在する。

型システム上は不変クラスも可変クラスもそれぞれ SettyBaggy そして Mixy (mixi ではない) というロールを適用しているため同じインタフェースを持つ。MixyBaggy を適用しているため MixBag の真のスーパーセットである。Setty だけ孤立しているのは多分 Bool が数値型でないため実装の都合だろう。

可変クラスの不変クラスとのふるまい上の違いは、連想配列としてアクセスしたときに要素に再代入可能か (i.e., $set_hash<foo> = False) と、要素を破壊的に非復元抽出するメソッドである grabgrabpairs が例外を投げないことの2点。後者はそもそも個別のクラスでなくロールにメソッドがあるのが変だと思う。

初期化

リストから型変換メソッドを使って生成するのが最も簡単である:

> <foo bar bar baz>.Set
set(foo, baz, bar)
> <foo bar bar baz>.Bag
bag(foo, baz, bar(2))
> <foo bar bar baz>.Mix
mix(foo, baz, bar(2))

Set は要素の個数を覚えないが BagMixbar が2回与えられたことが判別できる。

そういうわけで、Bag-of-Words は文字通りである:

> my $str = "Humpty Dumpty sat on a wall\nHumpty Dumpty had a great fall\n"
Humpty Dumpty sat on a wall
Humpty Dumpty had a great fall

> $str.words.Bag
bag(a(2), great, Humpty(2), had, wall, fall, Dumpty(2), sat, on)

ただしこの方法だと Mix は整数値の重みしか取れないので Bag と変わりない。実数の重みを与えるにはペアのリストに対して .Mix メソッドを呼ぶ:

> (foo => 1.0, bar => 3.14, baz => 2.72).Mix
mix(foo, baz(2.72), bar(3.14))

ペアのリストを SetBag に変換することもできるが、その場合ペアの値はそれぞれ BoolInt に型変換されて解釈される:

> (foo => True, bar => False, baz => True).Set
set(foo, baz)
> (foo => 2, bar => 1, baz => 0).Set
set(foo, bar)
> (foo => 0, bar => 2.72, baz => 3.14).Set
set(baz, bar)
> (foo => True, bar => False, baz => True).Bag
bag(foo, baz)
> (foo => 2, bar => 1, baz => 0).Bag
bag(foo(2), bar)
> (foo => 0, bar => 2.72, baz => 3.14).Bag
bag(baz(3), bar(2))

不変クラスの場合 &set&bag そして &mix というサブルーチンも提供されている:

> set <foo bar bar baz>
set(foo, baz, bar)
> bag <foo bar bar baz>
bag(foo, baz, bar(2))
> mix <foo bar bar baz>
mix(foo, baz, bar(2))

サブルーチンにペアのリストを渡すときは名前付き引数と解釈されないように記法に注意が必要である:

> mix(foo => 1.0, bar => 3.14, baz => 2.72)
Unexpected named parameter 'foo' passed
> mix: foo => 1.0, bar => 3.14, baz => 2.72
mix(foo, baz(2.72), bar(3.14))

要素の等値性

要素同士の等値性は === の意味で判定される。 つまり StrNum のような値型はその内容で、Array などの参照型は同じオブジェクトへの参照か否かで同値か判定される:

> set <foo bar bar baz 1 2 3 3 4>
set(4, foo, 1, baz, 3, bar, 2)
> (set ['foo'], ['foo'], { bar => 1 }, { bar => 1 })
set(bar => 1, bar => 1, foo, foo)
# REPL の出力 (.gist) だと構造が分かりにくいのでソースコードダンプ
> (set ['foo'], ['foo'], { bar => 1 }, { bar => 1 }).perl
set(["foo"],["foo"],{:bar(1)},{:bar(1)})

メソッド

先述のとおりどのクラスもよく似たインタフェースを持っている。 連想配列として使うためのメソッドと、集合からランダムに要素をサンプリングするメソッドが提供されている:

> my $b = bag <foo bar bar baz>
bag(foo, baz, bar(2))

> $b.kv
foo 1 baz 1 bar 2

# 存在しない要素の値は 0 になる (Set の場合は False)
> $b<foo>
1
> $b<bar>
2
> $b<quux>
0

# pick は非復元抽出
> $b.pick
bar
> $b.pick
baz
# 最大で要素数まで取れる
> $b.pick(*)
baz bar foo bar
> $b.pick(*)
bar foo baz bar

# roll は復元抽出
> $b.roll
bar
> $b.roll
foo
> $b.roll(10)
baz bar bar bar foo bar bar bar bar foo
> $b.roll(10)
baz baz foo bar bar bar bar baz bar foo
# 要素数を * にすると遅延無限リストが返ってくる
> $b.roll(*)

組み込み演算子

集合関連の操作は演算子として提供されている。ちょっと信じられないことに Perl 6 は組み込み演算子が ASCII 外の文字である場合がままあるが集合演算はその極致で、全部の演算が集合演算記号にマップされている。 幸い大部分には ASCII の同義語が定義されているので、あまり頻用する場合以外はそちらを使う方が良いと思う。基本的にスカラ同士の似た操作の演算子を () で囲ったものが集合演算子である(e.g., &infix:<(|)> が集合の和、&infix:<(<)> が部分集合のテスト、など。)

Perl 6 で高度な集合演算を記述する場合は LaTeX チートシートと SKK を用意しよう。

以下の演算子は集合の要素や部分集合の述語である:

  • &infix:<<∈>> (&infix:<<(elem)>>)
  • &infix:<<∉>>
  • &infix:<<∋>> (&infix:<<(cont)>>)
  • &infix:<<∌>>
  • &infix:<<⊂>> (&infix:<<(<)>>)
  • &infix:<<⊄>>
  • &infix:<<⊆>> (&infix:<<(<=)>>)
  • &infix:<<⊈>>
  • &infix:<<⊃>> (&infix:<<(>)>>)
  • &infix:<<⊅>>
  • &infix:<<⊇>> (&infix:<<(>=)>>)
  • &infix:<<⊉>>

以下の2つは Baggy 版で、要素の有無に加えて対応する重みも比較される:

  • &infix:<<≼>> (&infix:<<(<+)>>)
  • &infix:<<≽>> (&infix:<<(>+)>>)

以下の演算子はそれぞれ集合の和、積、差そして対称差である。なお対称差とは集合 A と B が与えられたときの (A \ B) ∪ (B  A) のこと:

  • &infix:<<∪>> (&infix:<<(|)>>)
  • &infix:<<∩>> (&infix:<<(&)>>)
  • &infix:<<\>> (&infix:<<(-)>>)
  • &infix:<<⊖>> (&infix:<<(^)>>)

以下の2つ (判読困難だがそれぞれ U+228D と U+228E) は Baggy 版で、重みの積と和をそれぞれ取る:

  • &infix:<<⊍>> (&infix:<<(.)>>)
  • &infix:<<⊎>> (&infix:<<(+)>>)

まとめ

Perl 6 の集合関連のクラスとロールについて説明した。

Perl 5 では集合計算や数の集計、重みに応じた要素の乱択などあらゆる操作にハッシュが広く用いられていた。ハッシュは単純な非順序付け連想配列であり必ずしも理想的な実装ではなかった。 用途に応じて Set::Object などの CPAN モジュールも利用されたが、新しい演算子を定義できないとか tie が低速であるといった Perl 5 の言語及び実装上の制約により、組み込み型であるハッシュほど利便性が高くなかった。

Perl 6 は用途に応じて選択できる複数のコンテナを提供し、操作は新しい演算子の導入によって簡潔に記述できる (やりすぎの感があるが。)

閑話

ところで SetBag および Mix は組み込み型だが Perl 6 で実装されている。これは組み込み型のインタフェースをユーザ定義型でも同様に実装できることを示唆している。 Perl 6 においては配列やハッシュもコンテナクラスの1つに過ぎず、そのインタフェースは単なるメソッドや演算子である。 組み込みデータ型が明確に区別され、同様のインタフェースで操作するには tie という追加操作を必要とした Perl 5 とはこの点でも大きく異なる。

コメント

このブログの人気の投稿

部分継続チュートリアル

この文書についてこれはCommunity Scheme Wikiで公開されているcomposable-continuations-tutorial(2010年09月30日版)の日本語訳です。誤字脱字・誤訳などがありましたらコメントあるいはメールで御指摘いただけると幸いです。本訳は原文のライセンスに基づきCreative Commons Attribution-ShareAlike 2.0 Genericの下で公開されます。Original text: Copyright© 2006-2010 Community Scheme WikiJapanese translation: Copyright© 2011 SATOH Koichi本文部分継続(Composable continuation)は継続区間を具象化することで制御を逆転させるものです。 ウンザリするほど複雑な概念を表す長ったらしいジャーゴンのように聞こえますが、実際はそうではありません。今からそれを説明します。resetとshiftという2つのスペシャルフォームを導入するところから始めましょう[1]。 (reset expression)は特別な継続を作るなりスタックに目印を付けるなりしてからexpressionを評価します。簡単に言えば、expressionが評価されるとき、あとから参照できる評価中の情報が存在するということです。 実際にはshiftがこの情報を参照します。(shift variable expression)は目印のついた場所、つまりresetを使った場所にジャンプし、その場所からshiftを呼び出した場所までのプログラムの断片を保存します; これはプログラムの区間を「部分継続」として知られる組み合わせ可能な手続きに具象化し、この手続きにvariableを束縛してからexpressionを評価します。組み合わせ可能(Composable)という語はその手続きが呼び出し元に戻ってくるため、他の手続きと組み合わせられることから来ています。 Composable continuationの別名として例えば限定継続(Delimited continuation)や部分継続(Partial continuation)もありますが、ここでは一貫して「組み合わせ可能」という用語を使います(訳注: …

多分週刊チラシの裏 (Sep 21-27, 2020)

Killed by MozillaMozilla がディスコンにした製品およびサービスのリスト。COVID-19 パンデミックで収入が激減し全社の四分の一にあたる従業員の解雇と収益を得られる製品への集中に踏み切った Mozilla Corp. の最初の犠牲はノートアプリ Firefox Notes とファイル送信サービス Firefox Send となった。過去には第三のモバイル OS を目指した Firefox OS とか Mac ネイティブな Gecko ベースブラウザ Camino など懐かしい名前も見られる。ちなみに元ネタは Google が終了したサービスをリストしている Killed by Google で、こちらは 2020 年 9 月 26 日現在 205 個の製品とサービスが挙がっている。Firefox 81.0 リリースノートMozilla Firefox 81.0 が Release チャンネルに公開された。最大の新機能はメディア再生のキーボードないしヘッドセットからの制御である。要はバックグランドで再生している YouTube タブを AirPods から一時停止できるようになった。Developer Tools における色覚異常シミュレーションの改善やブラウザ標準 audio/video 要素のアクセシビリティ改善なども含まれている。Facebook が自社プラットフォーム上での複数国による組織的政治工作を認識しながら放置していたFacebook が大量の偽アカウントを動員した政治工作を認識していながら、特に小国のそれに対して対策を放棄していたという内部告発。元 Facebook のデータ科学者である Sophie Zhang 氏の告発によれば、ホンジュラスで大統領派の工作が行われていることを氏が報告してから実際に対策が為されるまでに 9 ヶ月、アゼルバイジャンでの与党の工作を同様に報告してから組織的な調査が始まるまでに実に 1 年を要したという。本来この手の濫用に対応するはずの専任チームは濫用の圧倒的な割合を占めるスパム対応にかかりきりで、政治工作については対象が合衆国か西欧である場合を除いて積極的に行動せず、小国の民主主義は Zhang 氏の空き時間を利用した片手間の対応にかかっていたとのこと。Rust じゃダメな理由近年人気が出てい…

多分週刊チラシの裏 (Oct 12 - 18, 2020)

プログラミング言語のエネルギィ効率性おなじみ Computer Language Benchmark Game にある言語のうちプロプライエタリな Smalltalk を除く 27 言語の、時間効率性と空間効率性に加えて「エネルギィ効率性」を検証したという研究。結果は大方の予想を外れない (コンパイラ言語 - VM 言語 - インタプリタ言語の序列) のだが、言語毎によって単位時間あたりのエネルギィ効率 (換言すると CPU 最適化性能) が異なるので「速ければより省エネ」とは必ずしも言えないことや、最大メモリ消費量は言語のパラダイムによって大方が決まり、エネルギィ効率とはほとんど相関がない (ので Java でもエネルギィ効率は高い) ことなど面白い事実が見られる。『アメリカのインターネット』の終焉1994 年に Netscape が設立されたとき、世界にはおよそ一億台の PC があり、その半数は合衆国にあった。 WWW はスイスで開発されたしコンピュータは英国の発明だが、インターネットは米国製だった。 米国の企業がその課題を与え、重要な製品とサービスを作り、規制や言論は米国の立場、文化、法が支配した。 (引用者訳)合衆国政府による TikTok 分割騒動に寄せての現在と未来のインターネットの話。今日のインターネットの利用者のうち 80 - 90% は米国外の住人である。中国のスマートフォン台数は米国と欧州を合わせたよりも多く、ソフトウェア・スタートアップの半数はシリコンバレーの外で起きている。テクノロジーは規制産業になったが、その規則はもはや合衆国の一存では決まらないのである。まつもとゆきひろのツイッターを見てRuby使うのをやめようと思ったRuby の原開発者にして「寛大なる就寝独裁官 (BFDL)」の Twitter における言動が差別主義とは言えないまでもマイクロアグレッションに満ちていたので製品としての Ruby にも悪印象がついたという話。不要に攻撃的な人やコミュニティから距離を置く理性は心身の健康のためにも重要である。FTP のフェードアウトChrome をはじめとする Web ブラウザにおいてファイル転送プロトコル (FTP) のサポート終了が迫っていることに寄せて、半世紀に渡ってインターネットの主流であり続けたサービスの歴史の概説。MIT の院…